日本トラベルヘルパー協会

日本トラベルヘルパー協会

5月第115回トラベルヘルパー勉強会【パーキンソン病について】ご報告

2015/07/22

5月のトラベルヘルパー勉強会は、
「パーキンソン病」について、トラベルヘルパーの荻田 絢菜を司会とし、
8名の勉強会参加者と共にパーキンソン病についての知識を深め、
実際にパーキンソン病のお客様の業務をした経験のある
坂本久美子トラベルヘルパーのお話しを聞きました。
パーキンソン病は脳の「黒質」という場所から出る
ドーパミンという物質が出にくくなるために
神経細胞の連絡がうまくいかなくなり、体動きにくくなります。
ドーパミンを増やすには?!
幸福を感じたり、刺激を受けたり、感動をしたり、
こういったことを感じるときにドーパミンが沢山分泌をされます。
ということで、
最初の自己紹介は
ご参加された方1人1人、
最近起きたハッピ~な出来事を簡単に話をしてもらい、
なごやかな雰囲気の中スタートしました。
その後は、パーキンソン病の資料を配り、
パーキンソン病の原因は未だはっきりと分かっていないこと、
症状は幅広く、人によって違うこと、(ふるえ、無動、便秘、睡眠障害など)
を学んでいきました。
そして、実際にパーキンソン病の方と一緒に旅行へ行ったトラベルヘルパーの坂本 久美子さんより、その時のお写真を見ながら、実体験をお話しをしてもらい、皆さん関心強く、質問を積極的にされ、意見交換をしていきました。

説明会

説明会を開催しています

説明会ではトラベルヘルパーの資格のとり方や働き方をご紹介しております。

法人の方も導入事例をご紹介していますのでぜひご参加下さい。

説明会

お問合せやお申込み

こちらからお申込みください

各種お申込み