日本トラベルヘルパー協会

日本トラベルヘルパー協会

介護事業者向け・返済不要の助成金を活用して保険外の外出支援サービスを事業化

平成27年度の介護保険制度改正以降、保険外サービスとして外出支援を行いたいという相談が増えています。

「ご利用者様の外出の希望をかなえてあげたい」
「保険外サービスとして事業の柱を増やしたい」

そこで、ご紹介したいのが
【トラベルヘルパー養成講座】と【トラベルヘルパーサービス(外出支援)事業の立ち上げ】です。

助成金を活用するパッケージを作成しましたので、費用の負担を最小に抑えて立ち上げることが可能です。

第一部(保険外サービスとして外出支援事業の立ちあげ)

厚生労働省、経済産業省、農林水産省が共同で作成した、
地域包括ケアシステムを支える「公的保険外サービス」の普及・促進を図るべく、
参考となる事例やノウハウをまとめた
「地域包括ケアシステム構築に向けた 公的介護保険外サービスの参考事例集」(保険外サービス活用ガイドブック)
にもトラベルヘルパーサービスが紹介されています。

本セミナーでは以下の流れで説明します。
・介護保険外サービスとは
・外出支援事業について
・20年以上外出支援を本業として行っているからこそお伝えできる事例紹介
・外出支援サービスの成功と失敗
・すぐにできる、外出支援の新規事業の立ちあげ方

 

一番大事なのは、助成金をもらうことではなく、
トラベルヘルパー養成講座を受けて資格を取得することでもありません。

 

「育成した人材を会社としてどのように活かし、ご利用者様の希望を叶えるか」です。

 

トラベルヘルパー養成講座で得たスキルを現在行っているサービスの延長線で活かすだけではなく、
それ以上に【外出支援事業を新規で立ちあげる】レベルにまで持っていくノウハウのご提供になります。

私達は、多くの介護事業者の皆様に、トラベルヘルパー事業の立ち上げを支援いたします。

 

外出することによって、ご利用者様はもちろん、ご家族様、
普段働いているヘルパーのみなさまにもやりがいを感じて頂く事が出来ています。

 

この時間で、皆様の今年度の事業活動が大きく変わるそんなお話になればと思っています。
良いご縁になれば幸いです。

皆様にとって、有意義な場になるよう価値ある情報をお伝えできればと思ってます。
よろしくお願いいたします。

第二部(トラベルヘルパー養成講座について)

第二部では外出支援事業の要となる人材育成についてお話させて頂きます。

なぜ、トラベルヘルパーの教育が必要なのか、養成講座の内容についてなど詳細にお話させて頂きます。

・トラベルヘルパーとは
・トラベルヘルパー養成講座について
・研修について

助成金を活用するために必要なトラベルヘルパー実地研修について説明致します。

 第三部(助成金について)

第三部では助成金の活用についてお話させて頂きます。

ご案内している助成は厚生労働省からのものになりますので、
基本的には以下の条件に当てはまればどのような法人でも申請ができます。

・正社員を1名以上雇用している
・雇用保険、社会保険を払っている
・会社都合の解雇を半年以内にしていない
・残業代未払等、労務違反をしていない

この条件が合致していれば原則として受給可能です。

基本的には従業員の方のスキルアップや、
働きやすい環境を作る為の会社の取り組みなどに助成があると考えて頂けますとわかりやすいです。

補助と違って助成は条件さえ満たせば受給できる点も安心ですし、
受給額のほとんどが手元に残るものが数多くあります。

手続きの書類作成は担当行政書士が作成いたしますので、
必要な書類の準備だけ頂く形で申請が出来ますので、
大きな事務の手間もありません。

ぜひこの機会にご参加下さいませ。

日時

2017年5月23日(火)10:00〜12:00(受付9:45〜)
2017年6月2日(金)14:00〜16:00(受付13:45〜)
2017年6月16日(金)14:00〜16:00(受付13:45〜)
2017年6月30日(金)14:00〜16:00(受付13:45〜)
2017年7月12日(金)14:00〜16:00(受付13:45〜)
2017年7月28日(金)14:00〜16:00(受付13:45〜)

会場

会場:渋谷区文化総合センター大和田 区民学習センター内2階 学習室2
住所:東京都渋谷区桜丘町23-21
https://goo.gl/maps/tyAUkkrQqcC2

submit-gr300


説明会

定期的に説明会を開催しています

毎週火曜日
13時30分〜15時
毎月第二土曜日
13時30分〜15時

説明会

お問合せやお申込み

こちらからお申込みください

各種お申込み