日本トラベルヘルパー協会

日本トラベルヘルパー協会

受講規約

第1条 利用規約
1.NPO日本トラベルヘルパー協会(以下「協会」といいます)は、協会の提供する「トラベルヘルパー養成講座」の利用に関し、以下の通り利用規約を定めます。
第2条 本規約の適用
1.協会が受講者に対し随時発表する諸規定は、本規約の一部を構成するものとし、受講者はこれを承諾します。
2.協会の各種情報講座等における諸規定は、名目の如何に拘わらず、本規約の一部を構成するものとし、受講者はこれを承諾します。
第3条 本規約の変更
1.協会は、受講者への事前の通知なくして、本規約を随時変更することができ、受講者は、これを承諾します。
2.前項変更については、協会は、協会のホームページ上に表示することにより、受講者にこれを通知します。
第4条 その他の禁止事項
1.前条の他、協会の利用に際して、次の行為を禁止します。
(1)他の受講者、もしくは第三者、協会の知的所有権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・出版権・企業秘密・ノウハウ・および保護対象となる機密性を有するアイデアを含むがこれらに限定されない)、プライバシー、信用、名誉、その他の権利を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
(2)公序良俗に反する行為、犯罪的行為、またはそのおそれのある行為
(3)選挙活動、またはこれに類する行為、その他の政治及び宗教に関する行為
(4)事実に反する情報その他、公序良俗に反する、またはそのおそれのある情報を協会、他の受講者、または第三者に対して提供する行為
(5)協会の承認なく協会を通じて、または協会に関連して営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為
(6)他の受講者、もしくは第三者、協会に不利益を与える行為
(7)他の個人や組織(協会関係者を含むが、これに限定されない)になりすまし、あるいは他の個人や組織との関連を偽ったり故意に誤解させる行為
(8)受講者が、自分以外の不特定多数の受講者に対して、電子メールを送りそれを読むこと或はアンケートに答えること等を求める行為
(9)有害なコンピュータプログラムを送信または書き込む行為
(10)ID、およびパスワ-ドを不正に使用する行為
(11)その他、協会の運営を妨げる行為、誹謗する行為
(12)その他、協会が不適当と認めた行為
第5条 設備その他
1.受講者は、協会を利用するために必要な通信回線、通信機器、コンピュータ、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となるすべての機器を、自己の費用と責任において準備するものとします。又、自己の費用と責任で、任意の電気通信講座を経由して協会に接続するものとします。
第6条 著作権
1.講座において協会の提供するすべてのコンテンツは、協会が著作権その他の一切の権利を有します。
第2章 運営
第1条 情報等の削除
1.受講者が協会に登録した情報及び文章等が、協会が講座毎に定める所定の期間又は量を超えた場合、協会は受講者に通知することなく削除することがあります。又、協会の運営及び保守管理上の必要から、受講者に事前に通知することなく、受講者が協会に登録した情報及び文章等を削除することがあります。
第2条 講座の中断
1.協会は次に該当する場合には、事前に受講者に連絡することなく、一時的に講座を中断したり、中断を余儀なくされる場合があります。
(1) 協会のシステムの保守を定期的に、または緊急に行う場合
(2) 火災、停電、マシントラブルなどにより協会の提供ができなくなった場合
(3) 地震、噴火、洪水、津波などの天災により協会の提供ができなくなった場合
(4) その他、運用上、技術上、営業上、協会が協会の一時的な中断を必要と判断した場合
第3条 講座の変更
1.協会は、受講者への事前の通知なくして、協会および情報講座の内容を変更することがあり受講者はこれを承諾します。
第4条 講座の中止
1.協会は、1ヶ月の予告期間を以って受講者に通知の上、協会の運営を中止することができます。 やむを得ない理由がある場合には、右の予告期間を短縮または省略することができるものとします。
第5条 講座の中断・変更・中止の補償
1.本規約に定める以外には、協会は協会の講座中断・変更・中止により発生した受講者および第三者の損害すべてに対し、いかなる責任も負わないものとし、一切の損害賠償を行いません。
第6条 内容の非保証
1.協会は提供する情報等について万全を期しておりますが、その完全性、正確性、適用性、有用性等の保証を行いません。
第3章 協会受講者規約
第1条 受講者契約の成立
利用契約が成立したときには、協会は、受講者に受講者IDとパスワードを発行します。複数のアカウントを有する受講者については、そのアカウント毎に受講者IDとパスワードを発行します。
第2条 中止
1.講座の中止は協会が定める方法の基づき処理をおこなうものとする。
第3条 除名処分
1.受講者が次のいずれかに該当する場合には、協会は、当該受講者に事前に理由を通知の上、受講者の資格を停止することができるものとします。また、以下の事項にて協会又は第三者に損害が生じた場合、メンバーはこれを賠償する責任を負うものとします。
(1)入会時に虚偽の申告をした場合
(2)入力されている情報の改竄を行った場合
(3)本規約の何れかに違反した場合
(4)受講者が、協会、協会の他の受講者、またはインターネットに迷惑をかける行為を行ったことが明らかになるか疑わしい場合
(5)協会の名誉を著しく毀損した場合
(6)その他協会が受講者として不適当と判断した場合
2.受講者が本条第1項各号の何れかに該当することで協会が損害を被った場合、協会は除名処分又は当該受講者IDの一時停止の有無に拘わらず、被った損害の賠償を請求できるものとします。
第4条 自己責任の原則
1.受講者IDにより情報講座上でなされた一切の行為およびその結果について、当該行為を自己がしたか否かを問わず、責任を負います。
2.協会から提供される各種情報については、受講者はその自由な意思決定に基づき活用するのであり、協会はその結果に対して損害賠償その他の責任を負うものではありません。
3.協会はコンピュータウィルス等の被害が起きないよう、協会のセキュリティについて合理的に対処する所存です。それにも関わらず、受講者は協会の利用にあたり、ワクチンソフト等により自らの責任においてコンピュータウィルス等の被害に対処するものとします。したがって、協会からの送信データ等にコンピュータウィルス等が混入していたとしても、協会はこれについて責任を負いません。
4.受講者が協会および情報講座の利用の際、第三者に対して損害を与えた場合、受講者は自己の責任と費用をもって解決し、協会に迷惑を掛け或は損害を与えることのないものとします。
第5条 IDおよびパスワードの管理
1.受講者は自己の責任において、付与された全アカウントに関してのIDおよびパスワ-ドを管理、保管するものとし、これを該当アカウント保持者以外の第三者に利用させ、あるいは貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。また、この趣旨を全アカウントホルダーに対して周知徹底させるものとします。IDおよびパスワ-ドの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は受講者が負うものとし、協会は一切の責任を負いません。
2.受講者はIDおよびパスワ-ドが盗まれたり、第三者に使用されたりしていることが判明した場合には、直ちにその旨を協会に通知するとともに、協会からの指示に従うものとします。
第6条 個人情報の開示
1.協会が行う受講者の個人情報の開示は、協会を利用するのに必要と協会が判断する範囲に限られます。受講者は、協会が開示を拒否する個人情報について開示を求めることはできません。
2.協会が開示した個人情報に誤り等があった場合でも、協会は一切の責任を負いません。
3.協会は、受講者が登録した個人情報を、別途定める協会プライバシーポリシーに基づき取り扱います。
第7条 機密保持
1.契約期間中のみならず契約が終了した後も協会によって知り得た協会ならびに本講座自体に関する一般に公開していない事項を漏洩することはできません。
第8条 損害賠償
1.受講者が本規約に反した行為、または不正もしくは違法な行為によって協会に損害を与えた場合、協会は当該受講者に対して相応の損害賠償の請求を行うことができるものとします。
この利用規約は2010年2月1日から施行します。


説明会

定期的に説明会を開催しています

毎週火曜日
13時30分〜15時
毎月第二土曜日
13時30分〜15時

説明会

お問合せやお申込み

こちらからお申込みください

各種お申込み